ヌメイリは変わった人だった

1952年にスーダン軍事大学を卒業し、そこで同年にエジプトで権力を握るガマール・アブドゥン=ナーセルの自由将校団の影響を受けた。
1966年ヌメイリはカンザス州のアメリカ陸軍のレヴンワース基地のアメリカ陸軍指揮幕僚大学を卒業した。
3年後ヌメイリーはイスマーイール・アル=アズハーリーの文民政権を倒す軍事クーデタを指揮し、権力を握った。
ヌメイリーは社会主義かつ汎アラブ主義的改革を行った。
1970年にはサーディク・アル=マフディーによるクーデターを防ぎ、1971年7月18日から22日の短期間アッタ少佐率いる共産主義者に権力を奪われたが回復して閣僚のジョセフ・ガランらスーダン共産党員を処刑された様だ。