ようじ1万本でマリオOP画面再現

「スーパーマリオブラザーズ」のタイトル画面を爪楊枝約1万4000本で作った職人が現れたそうだ。作ったのはBBコリーさん。趣味の紙工作の気分転換にとわずか5日で完成させたそうだ。
戯れにエクセルでマリオのタイトル画面を描き始めたのが3月26日。大量の爪楊枝を購入し、設計図通りに爪楊枝を塗装していき、後はノリで接着しながら積み上げていく。「全然気晴らしになってない」と若干後悔しながらも、作者曰く「手動3Dプリンター」のごとく黙々と積み上げていったそうだ。
完成した作品は128本×112本の合計1万4323本の爪楊枝を使用しているとのこと。それでも製作費は2000円ほどとリーズナブル。作品の中には1本だけ爪楊枝を削って作った着脱可能のミニマリオもいるそうだ。芸の細かい職人技だ。