見逃し配信「TVer」何が残念?

「見たいと思っていたあのテレビ番組を見逃してしまった!録画もしていなかった…」
普段よくテレビを見る人なら一度や二度はそういう経験をしたことがあるはずだ。知り合いにたまたま録画していた人がいれば、何とか頼み込んでDVDやブルーレイにダビングしてもらったり、各テレビ局が主に有料で展開するオンデマンドサービスで探して購入したりなど、見逃したテレビ番組を合法的に見る方法はなくもないが、少しめんどくさい。
そんな視聴者の要望に応えるサービスがこの秋スタートしている。日本テレビ放送網、テレビ朝日、TBS、フジテレビジョン、テレビ東京の在京民放5局が連携して10月下旬に開始した公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」だ。
TVerはウェブサイトまたは専用スマホアプリで参加しているテレビ局がオンエア後から1週間に限って、無料でテレビ番組を配信するサービスだ。スタートから3週間の11月19日には早くも累計100万ダウンロードを突破したということで出だし上々のムードながら、課題も少なくないという。
そもそも、今なぜこの見逃し配信サービスが始まったかと言うと、横行するテレビ番組の違法ネット配信への対抗措置であることは明らかだ。今年に入り、遠藤憲一が刑事に扮し、番組を違法アップロードしたオタク青年を半ば脅し気味に取り調べ、「テレビ番組のアップロード、それ違法です。」とキャッチコピーが出てくるCMや、番組内で「番組をインターネットに許諾なく公開することは違法です。」とテロップを流すなどの「放送番組の違法配信撲滅キャンペーン」が行われている。その流れに沿って、違法なネット配信を駆逐するための受け皿としての、合法「見逃し配信サービス」という側面がありそうだ。
そこで、満を持してのTVer登場となったわけだところがこのTVer、ふたを開けてみるとイメージしていたのとは違う「コレジャナイ」感満載なのだという。
まず、何と言っても番組の少なさだ。各局、10本程度/週配信、つまり10×5=50番組が見られるようになっているが、1日に放送されている番組の数は各局とも少なく見ても20本以上はある。仮に計算すれば20×5×7=700番組以上はあるということで、全体の1割もカバーできていない計算だ。しかも、TVerに配信されている番組のうちの数本はある番組の中のミニコーナーだけだったりするそうだ。
「民放5局が足並みをそろえて」などと謳い文句はあるが、ラインナップを見てみると、見逃し配信に積極的な局、仕方なく参加している局が明らかで、今回最も積極的なのはTBSだということがわかる。各局ともに、有料のオンデマンドサービスも行っているので、「無料で見せるなんてとんでもない!」という意見もあるかもしれないが、せっかくの見逃し配信の利点を使いこなせていない側面もあるようだ。ラインナップに報道・ドキュメンタリーが1つも入っていないのもいかがなものか。深夜隊にしか放送されていない埋もれてしまっている番組に光を当てるいい機会というとらえ方がされていないようだ。他にも、過去の名番組枠などがあってもいいかもしれない。
せっかく視聴者のためのサービスなのだから、局側都合で見せたいものを押し付けているというのは何とも残念だ。今後改善されることを期待しよう。