夫にメタノール、妻逮捕

中毒症状を引き起こすメタロールという液体を酒に混ぜて飲ませ夫を殺害しようとした妻が逮捕された。兵庫県警捜査1課と西宮署などが、殺人未遂の疑いで、西宮市今津巽町の大川房子容疑者(48)を逮捕した。
メタノールは、アルコールの一種で、通常は燃料として使われる。中毒性があり、人体には有害である。
大川容疑者は、夫に飲ませる酒にメタノールを混ぜており、取り調べには「燃料用アルコールは飲ませたが、殺害は企てていない」と話している。
夫(59)は体調不良で、神戸市北区の病院で診察を受けた後に容体が急変。転院先の病院が「メタノール中毒の可能性がある患者がいる」と県警に連絡。夫は意識不明の重体で、メタノールを大量に摂取させられていた。
飲酒できるアルコールはエタノールというらしい。まさかとは思うが間違えたのかもしれない。